サンタさんにお手紙。
【英語絵本】A MESSAGE FOR SANTA

皆さんこんにちは!

今回の絵本はMessage For Santaです。

クリスマスの時期には絶対登場するキャラクター、サンタさん。

その存在を知ってもらいたく、本を探していたところ出会ったのがこれ。

サンタとは何か?という説明は特にないのですが、ちょっぴりミステリアスだけど、でも嬉しい存在でもある、ということを物語を通じて知ることができるのは良かったです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

A MESSAGE FOR SANTA

著者 Tony Ross & Hiawyn Oram

対象年齢 2歳〜3歳

■概要

主人公の女の子Emily(エミリー)は、クリスマスが待ち遠しくて仕方ありません。

ただ大好きなクリスマスにも、一つだけ苦手なものが。

それはなんと、サンタさんでした。

煙突から入られないようにと、エミリーは煙突を色々なものでふさぐのですが。。。

■サンタクロースってなに?

そもそもサンタさんを知らない子供にとっては、

この絵本はいいイントロダクションになるのではないでしょうか。

何度かサンタさんも出てきますし、

エミリー自身もサンタさんの格好をしたりするシーンがあります。

ソリに乗って、赤い帽子をかぶって、白い手袋を着けて。。。

といった具合に、子供の中でサンタさんのイメージができあがるといいですね。

a message to santa

■相手の立場になって考える事の大事さ

なぜかサンタさんが苦手なエミリー。

彼女はサンタさんが煙突から家に入ってこれないようにと、色々なもので煙突を塞いでしまいます。

さて、ここでお母さんの出番ですね。

「自分がサンタさんになった気持ちで、今の状況を考えてみて?」と諭します。

自分の気持ちや思いだけではなく、相手のことを考えて行動する大事さも学べる絵本だと思いました。

■この本から息子が学んだ英語フレーズ

“I’m stuck!”

「引っかかっちゃった!」

サンタさんが煙突にはまったら、というシーンで “I’m stuck in the chimney” というフレーズがありました。

そこから ”I’m stuck” というフレーズを覚えたようです。

このフレーズは結構応用がきくので、息子が覚えてから色々と使っています。

例えばおもちゃが箱につっかかって取れない時など、“It’s stuck mommy!!” と言って、取ってくれと訴えてくるようになりました。

ぜひ読んでみてくださいね!

もし絵本を読む時に、「こう英語で説明してあげたい、話してあげたい。だけど英語が心配。」という方がいらっしゃいましたら、 一番下のコメント欄に残して頂ければと思います。

良いアイデアをシェアして頂き、一緒に考えながら頑張りたいので、よろしくお願いします。

ポチッと応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村

❐今日の絵本はこちら

❐その他の記事はこちらからどうぞ!

英語の絵本を読む時の、現地人によるアドバイス。私も悩んでいたことが吹っ飛びました!

【特集】イギリスの”Book Trust”から伝授!<br>バイリンガル家庭の本の読み方
【特集】イギリスの”Book Trust”から伝授!  バイリンガル家庭の本の読み方イギリスには、”Book Trust”という本を読むこと...

ただアニメを見せているだけじゃ、絶対英語力は身につかない?!息子に効果があったアニメの見方をご紹介。

【ご紹介】アニメで効率よく英語を学ぼう!<br> 意識すべきこと3点
いきなり自慢のように聞こえるかもしれませんが。。。息子は周りの子供と比べても、英語で長い文章が話せます。両親は日本人なのに、現地の保育園にも...

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

このページをシェアする

このサイトをフォローする

コメントをお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA