【日本語訳付き】Peppa Pig フレーズ集
 The New Car 編

このシリーズでは「Peppa Pig(ペッパピッグ)」のセリフから、日常会話に使える英語フレーズを選んで掲載します。

日本語訳と一緒に載せますので、家庭内で使ってみてくださいね。

今回は「The New Car」という、新しい車を使ってみるお話です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

The New Car

■赤い車が壊れてしまうシーン

peppapig-thenewcar02

Narration: Oh dear. The car does not sound very well.

あらら。車から変な音が聞こえましたね。

※ “sound” は「音」という意味ですが、ここでは「音が鳴っている」という動詞として使われていますね。

また、”sound very well” のフレーズで使うと、「いい音」という直訳はもちろんですが、意訳として「元気そう。調子良さそう。」という意味になります。

逆に “doesn’t sound very well” だと「元気がなさそう。調子悪そう。」となります。

なお、会話文で “sounds good!” と使う場合は、「良いね」といった同意・合意の意味にもなるので、覚えておくと色々と使えますよ!

<応用編>

“He didn’t sound very well on the phone…is he ok?”

「電話口だとあんまり元気なさそう(具合悪そう)だったけど。。。彼大丈夫?」

“Plan to go to dinosaur museum sounds good to me! Let’s go with that.”

「恐竜博物館へ行く計画良いね!それでいこう。」

■車の修理屋さんへ行くシーン

peppapig-thenewcar03

Narration: Granddad Dog runs the garage. He is very good mending cars.

グランダッドドッグは修理屋をしています。彼は車を修理するのがとても得意です。

※ mend, fix, repair の違い。

イギリスでは物を直したりする時、よーく “mend” を使います。

かと思いきや、”fix” も聞くし、“repair” も使われたりしてたような。。。

ちょっと混乱してきたので、知り合いのイギリス人の英語先生に違いを聞いてみました。

“mend” は、もともとは布を縫ったりするときに使っていたようですが、イギリスでは結構何にでも使っちゃうみたいです。あまり複雑ではない修理作業に使う単語。

“repair” は複雑な修理や故障具合がひどい場合に、技術的な助けが必要という時使うようです。

“fix” は全般的に使える単語のようですが、イギリスでは “mend” を好んで使うようです。

ちなみにアメリカでは “mend” は古い世代の使う「直す」という単語。

”repair” はイギリス同様で技術的な修理という意味。

で、使い分けも面倒だから全部 ”fix” でよくない?という流れになっているようです笑

Granddad Dog: Yes, but it will take all day.

うん、でも一日かかるよ。

※ “take time” は普段の会話でも使うフレーズですね。

直訳すると「時間を取る」なので、そのまま「時間がかかる」と訳せます。

また、”take your time” とすると「ゆっくりしてね。」という意味になるので、覚えておくと色々と便利だと思いますよ!

<応用編>

“Have a seat and take your time. You don’t have to rush at all.”

「座ってゆっくりしてね。全く焦らないでいいからね。」

“It took a lot of time for you to eat just a piece of cake!”

「ケーキ一切れ食べるのに随分時間かかったね!」

■雨が降ってくるシーン

peppapig-thenewcar05

Narration: The new car has squirted Daddy Pig with water.

新しい車はダディーピッグをびしょ濡れにしちゃいました。

※ “squirt” は何か液体が出てきて濡れた時に使います。

実は “squirt” という単語、私はこのペッパのお話で初めて聞きました。

「濡れる」という単語は、現地の人たちもどちらかというと “wet”「濡れた」や “soaked”「びしょ濡れ」のほうを使っていた記憶があります。

私の単語量が少ないだけかもしれませんが、あまり普段から使う単語ではなく、特定の状況でしか使わないのかもしれませんね。

Narration: Daddy Pig has forgotten which button closes the roof.

ダディーピッグはどのボタンが屋根を上げるか忘れてしまいました。

※ ”have / has 〜” も本当によく使うフレーズですよね。

では、”have forgotton” と、普通の ”forgot” とではどう違うか、皆さんご存知でしょうか?

これは対象になっている人が「忘れた」ということを思い出しているのか、それともまだ忘れたまんまなのか、にかかってくるんですね。

以下2つの例文を読んでいただくと、違いが少しわかると思います。

Oh I forgot to do my home work!

あー宿題するの忘れた!

(宿題するの忘れてたけど、今思い出した状態)

I think he has forgotten to do his home work!

多分彼は宿題するのすっかり忘れてるんだよ!

(宿題するの忘れてて、今も忘れている状態)

このように、”have forgotten” は他の人に対して使うのが自然ですね。

ということで、今回のナレーションが言っている

“Daddy Pig has forgotten which button closes the roof.”

というセリフは、

「ダディーピッグはどのボタンが屋根を上げるか忘れてしまいました。(で、まだ忘れ続けている、わかっていない状態です)」

という内容なのがわかりますね。

そのナレーション通り、「どのボタンか忘れ続けている」ため、ダディはボタンをガチガチ押しまくっています笑

結構混乱しそうなのですが、対象としている人が忘れたこと思い出しているか否か、が違いの鍵となってきます。

■赤い車が直ったシーン

peppapig-thenewcar06

Daddy: Thank you Granddad Dog, and keep the change.

ありがとうグランダッドドッグ、お釣りは取っておいてね。

※ “keep the change” は「お釣りは取っておいて。」や「お釣りいりません。」と訳せます。

お金関係の話になると、”change” は「変わる」ではなく「お釣り」という意味になります。

支払った現金がお釣りに「変わる」という意味で “change” と使っているのかもしれませんね。

いやいや、お釣りはちゃんともらおうよ!って思った方もいると思いますが、結構イギリスではこのセリフ使われるみたいです。

例えばタクシーに乗ったりすると、お釣りがじゃらじゃら小銭で来る時があるんですね。

1ペンス、2ペンス(2〜3円)単位であれば、そういう時に

“Please keep the change.” 「お釣りいりませんよ。」

と一言伝えればOKです。

またロンドンの町中には、たまーにホームレスの方がいらっしゃいます。

そういう方々は紙コップなどを持ちながら、

“Spare some change please…”

とよく言っています。

これはつまり、「お釣りを分けてくれませんか。。。」と小銭を求めてきているわけですね。

ロンドンにいる時は絶対にこういう人は相手にしちゃいけない、と言われていましたが、さすがはキリスト教の国。

意外と(と言ったら失礼ですが。。。)小銭を渡したり、食べ物を恵んだりしている人を結構見ましたよ。

<応用編>

“Excuse me! You forgot your change!”

「すみません!お釣り忘れましたよ!」

Peppa: I like the new car, but I like our old car better.

新しいも好きだけど、うちの車のほうがもっと好き。

※ “old car” とは言っていますが、これは決して「古い車」という意味ではないですね。「元の、前の車」といった具合に、「もともと持っていた。昔からあった。」という意味で訳せます。

<応用編>

“It’s good to be back to our old little house!”

(直訳)「うちらの古い小さな家に戻ってこれたのは嬉しいね!」

(意訳)「我が家が一番!」

“It’s always nice to see your old friends.”

「いつでも、昔ながらの友達に会えるのはいいもんだ。」

ぜひ親子で見てくださいね!

もし見ていて「ここがどうしても聞き取れない。意味がよくわからない。」という方がいらっしゃいましたら、一番下のコメント欄に残して頂ければと思います。

良いアイデアをシェアして頂き、一緒に考えながら頑張りたいので、よろしくお願いします。

ポチッと応援してくださると嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村

❐ペッパピッグのDVDはアマゾンから購入できます!

❐他にもこんな記事があります!

我が家のバイリンガル育児のルールをご紹介!

【ご紹介】我が家のバイリンガル・英語育児について
皆さんこんにちは!いつも読んでいただきありがとうございます。2人の子供たちを日本語と英語のバイリンガルにしようと、赤ちゃんの頃から日本語と英...

親も負けていられません!

英語嫌いの私が実践してきた英語力アップ方法を、連載でお伝えしてます!

【諦めたくない!】大人の英語力UP↑<br>(1)英語に対する考え方 
最近、コメントをくださる方が増えてとても嬉しいです。 その中で、「私自身英語が得意ではないけれど、どうすれば?」という、不安を抱えていらっ...
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

このページをシェアする

このサイトをフォローする

コメントをお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA